経費について解説

まずは送料を確認

往復の送料を全て店が負担してくれる場所から振袖のレンタルをしましょう。振袖と比べれば微々たる金額に感じる事もありますが、それでも数千円の違いは多いです。発送方法によってはほとんど送料がかからないで送る事ができると考えて送料の事を気にしない人もいますが、それは大きな勘違いになります。送料がほとんどかからない発送の方法は重さが無い物や小さい物だけになります。
振袖のように重さもある上に大きい物は保証付きの発送方法ではないと送れません。そのため往復分の送料を合わせると数千円になります。店が負担してくれるとなると、振袖のレンタル代の中に送料まで含まれている事もありますが、後から支払いをしないといけないお金が増えてしまう事は避けれるので、納得できない状態は避けれます。
送料を無料にしている店とそうではない店どちらが多いのかと言いますと、送料を無料にしている店になります。なぜかと言いますと送料のサービスを行っている店が増えているからです。高い振袖を扱っている店では無料になっていない事が多いので、十分に注意をしましょう。通常の価格や少し安い価格の振袖をレンタルとして貸し出している店の場合は、送料無料が多いですが一応確認してから注文をしましょう。

キャンセル料金をチェック

価格を気にするあまり早めにレンタルをする振袖を決めてしまう人もいます。決めて注文までしてしまうとキャンセルができないのでは無いかと考えてしまいますが、キャンセルは電話一本で行う事ができます。
ここで重要になってくるのがキャンセル料です。キャンセルしただけでお金を支払わないといけないとなると納得できない場合もありますが、自分が原因なので、支払いをする義務はあります。このキャンセル料が原因で後から一目惚れをするような振袖を見つけても着る事ができない場合があります。早めにレンタルの注文をするのは大切ですが、必ず調べないといけないのはキャンセルは何日前までなら可能なのかと言う部分です。
キャンセルの対応は店によって全く異なります。選んだ方が良いのは、レンタルの注文をした振袖を発送する前であればキャンセル料金がかからない店です。そんな都合の良い店があるのかと疑ってしまいますが、確認をすると見つける事ができます。キャンセルにかかる料金がかからないのであれば、後から気に入ったデザインの振袖を見つけても変更をする事ができます。お金を支払わないといけないのかだけで、着たい振袖を着れるか決まってくるので、しっかりと確認しましょう。

メニュー

2017年07月25日
貸着物の便利なポイントを更新しました。
2017年07月25日
じっくり選んで最高の思い出作りを更新しました。
2017年07月25日
予算に合わせた晴れ着チョイスを更新しました。
2017年07月25日
経費について解説を更新しました。

カレンダー

2017年10月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目記事

じっくり選んで最高の思い出作り

一生に一度のビッグイベント 私は成人式のときに初めて振袖のレンタルをしました。叔母の振袖があったの…

くわしく見る

予算に合わせた晴れ着チョイス

振袖レンタルで結婚式に参加 結婚式もレストランでのパーティー形式やチャペルでの挙式であればパーティ…

くわしく見る

経費について解説

まずは送料を確認 往復の送料を全て店が負担してくれる場所から振袖のレンタルをしましょう。振袖と比べ…

くわしく見る

Copyright(C)2017 格安でレンタルできる便利な振袖豆知識 All Rights Reserved.